8月12日に台風11号ラブヨで甚大な被害を受けたカシグラン市

8月12日に台風11号ラブヨで甚大な被害を受けたカシグラン市。
マニラから現地へは幾つもの山を超えて12時間かかる。
日本からの支援は私達ONE ASIA(ジャパン・プラットフォームから助成金を提供して頂いた)のみ。
被災直後は橋が押し流され、一時陸の孤島となったが、復旧が急ピッチで進められ、何とか車両が通行可能になっている。とはいえ、支援物資を満載したトラックは、21時間を要した。
現地では数多くの住民が家を失うか居住不能な状況下にあり、親戚や知人の家に身を寄せて生活している。
家屋の修繕に必要な物資の援助が求められている。